ホットヨガのススメ〜LAVA(ラバ)体験レポート〜

ホットヨガLAVA(ラバ)に通う管理人がこれから始めたい人・すでに通っている人のためにリアルな情報を発信します

LAVAの店舗変更の方法と事務手数料は?【メイン・プラスワン店舗】

      2017/09/02

LAVAは全国展開のホットヨガスタジオです。

↓お近くの店舗検索&体験レッスンはこちら↓

たくさん店舗がありますので、職場がかわって通勤路が変わったり、引っ越ししたり、ライフスタイルが変わっても通う店舗を変更すればLAVAに通い続けることができやすいというのが、LAVAのいいところでもあります。

新店舗は次々とオープンしていますので、今まで通っていた店舗よりももっと通いやすいところに新店舗がオープンするという場合もありますよね。

LAVAのマンスリーフリーという会員になれば、全店舗通い放題なので、何の手続きもいらずに全国のどの店舗でも通うことができますが、マンスリー4と、マンスリーライトの方は登録店舗を変更する場合は手続きが必要になります。

ここでは、通う店舗を変更するときの手続きの方法についてお伝えしていきます。

店舗変更の方法

変更手続きのできる場所は?

まず店舗を変更する場合、店舗店頭に申し出て手続きをします。

コールセンターや、オンラインでは変更が出来ません。

メイン店舗のみの登録の方、メイン店舗とプラス1店舗登録の方がいると思いますが、変更したい店舗がメイン店舗かプラス1店舗かによっても違ってきますのでご注意ください。

  • メイン店舗の変更は、変更先の店舗にて手続きです。
  • プラス1店舗の変更はメイン店舗でのみ受け付けです。
    プラス1店舗では変更が出来ないのでご注意下さい。

私の場合、マンスリーメンバーライト・フルタイムの登録でしたので、メイン店舗とプラス1店舗の通い放題の登録をしていました。

メイン店舗は家の近くに、プラス1店舗は会社と家の通り道での登録です。

転職することになり、通勤路が変わるのでプラス1店舗の方をメイン店舗にて変更しました。

スポンサードリンク

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

店舗変更手続きはいつまでにすればいいの?

手続きのタイミングについては、15日を過ぎると手続きが翌月から反映されません。(翌々月からになります)

例えば、5月から違う店舗に登録したい場合は4月15日までにメインの店舗に申し込めば手続きが出来ます。

ですので、もし体調が悪くなったり、ヨガの気分でなくなったり、天気が悪かったりすると行くのが面倒になってしまうと思うので、変更することを決めたらなるべく早めに手続きをしておくことをおすすめします。

店舗変更手続きに必要なものは?

手続きの際は、会員カードマンスリーチケットを持っていけば大丈夫です。

印鑑は必要ないです。

フロントが混んでいなければ、手続き自体はものの5分で手続き出来ます。

店舗変更の事務手数料はいくらかかる?

事務手数料として1,100円がかかります。

事務手数料は手続きの際、店舗店頭で現金でその場で支払います。

LAVAはカードが使えませんので、普段レッスンに行くときに現金をあまり持ち歩かない方はご注意くださいね。

プラス1店舗について

LAVAのマンスリーメンバーライトの方に限るお話になりますが、マンスリーメンバーライトの方はメイン店舗とプラス1店舗の2店舗に通うことができます。

最初にメイン店舗で入会手続きをするときに、一緒にプラス1店舗の登録もすることができますが、決めかねる場合は、メイン店舗のみの登録にしておくこともできます。

プラス1店舗を登録していない人が、最初にプラス1店舗を登録する手続きは、メイン店舗店頭で行い、その場ですぐに登録できますしその月からプラス1店舗の利用ができます。

この場合、事務手数料はかかりません。

一旦登録して、その後変更する際には事務手数料がかかります。

水素水オプションの店舗変更について

店舗変更手続きにともなって注意してほしいのが、水素水オプションです。

水素水オプションを利用している場合、店舗変更をしても、変更先の店舗が水素水サーバー設置店であれば問題なく利用できます。

ただ、もし、この先水素水オプションを解約する場合、最初に水素水オプションの契約をした店舗でしか解約の手続きができません

ですので、遠い店舗に変更する場合は一度、水素水マンスリーメンバーを解約してしまって、変更先店舗で改めて申込みした方が、あとあとの手続きの面倒が少なくてすむと思います。

スポンサードリンク

(ETVOS)モイスチャーライン お試しセット

店舗変更に伴うマンスリー料金の変化がある場合・ない場合

LAVAは店舗自体にランクがあり、月額の金額が店舗ランクによって若干違います。

変更先の店舗のランクが今通われている店舗と違う場合は、月々の支払い料金が変更になる場合があります。

マンスリーメンバー4の方は、変更先の店舗のマンスリー4の料金を支払うことになります。

今までの店舗と同じランクの店舗に変更する場合は支払い料金はかわりませんし、高いランクに変更になれば料金も高くなり、低いランクの店舗に変更する場合は料金も安くなります。

マンスリーメンバーライトの場合は、メイン店舗とプラス1店舗の2店舗のうち、ランクの高いお店の料金が支払う料金になります。

メイン店舗のほうがランクが高いとか、プラス1店舗のほうがランクが高いとか、そういうのは関係なく、単純にランクの高いほうに合わせての支払いになります。

変更する際に、スタッフの方に店舗ごとの月額料金表を見せてもらえますので、確認し了承したうえでの手続きになります。

(LAVA に新規入会する時にも料金表は貰えます。)

変更手続き後

手続きを終えれば、次の月から(手続きの日にちによっては翌々月から)変更後の店舗へ通うだけ。

変更先の店舗に初めて行ったときは「店舗変更で初めて来ました」と会員カードをフロントの方に渡すとすぐに対応してくれます。

その店舗のスタンプが会員カードに押され、軽くその店舗の案内や設備の説明していただけます。

まとめ

店舗変更に関して、一番気をつける必要があるのは、手続きの日にちです。

それ以外は、店頭でスタッフの方が説明をしてくれますので、その流れに従えば問題なく手続きは完了します。

手続き自体はかんたんですぐに済むので、レッスンのついでにでも十分にできます。

せっかくたくさんの店舗があるLAVAですので、ライフスタイルに合わせて通う店舗を変えてホットヨガを続けていきましょう!

関連記事

↓お近くの店舗検索&体験レッスンはこちら↓

 - LAVA, 店舗変更手続き